FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女魔王メリッサのHな冒険記~精液を集めるエロ魔王~

2017ゲームレビュー 7

638分=10.5時間。裏ルート&温泉ルート&クエスト全部クリアまで。
大ボリューム高品質なエロRPG。メインの3人がドスケベ可愛くてたまらない。

女魔王メリッサのHな冒険記~精液を集めるエロ魔王~

1.総評

女魔王のメリッサ、メイドのマリナ、勇者のルフィアの3人が陰謀により力を封印されたので、それを解くために旅をして黒幕を倒す物語。明るくギャグっぽいシナリオでエロシーンがものすごく豊富だけど、全体を貫く世界の設定やキャラクターの性格付け等はしっかりしていて矛盾が少ない。エロRPG斯くあるべし。

キャラクターのイラストも非常に多く、この価格、このクオリティで基本CG58枚とかちょっと大盤振る舞いすぎやしませんかね。メイン3キャラの立ち絵も通常時・淫乱時の2種類あって、それに着せ替えが一つずつ付いているとかほんとパない…

さらに一枚絵がついているシーンではキャラクターボイスがついている!しかも戦闘シーンでも喋る!その種類もスキルごとに違う!これはすごいですよ。キャラ造形に合ったボイスだと思うし、うーん、参った。


2.エロ部分

エロシーンが豊富なことを第一に挙げたい。回想シーンは20枠×10ページあって、さらに各シーンに青年・老人・ローパー・スライム等々という差分が入っているので実質は400シーンを超えているんじゃないかな。個別のシーンだけじゃなく戦闘中でも敵にヤラれてしまったりするので体感的にはもっと多い。

また各シーンの導入も自然で、各キャラクターの衣装や性欲、淫乱度を基準にイベントが発生するのでエロシーンに入るのに納得感がある。クエストで発生するエロシーンもあるから、かなり気を使っているように感じる。

個別のシーンでは、マリナさんの応援シチュが良い。というかマリナさん最初はセックスが得意ではない堅物キャラかと思っていたら、性欲と淫乱度が上がるにつれてどんどんエロくなっていくのほんと素晴らしい。

この完璧に健全なのにドスケベな絵。なにこれすごい。
marina_furefure

その他にも、メリッサはロリコン御用達というか犯罪的にかわいいし、ルフィアはたわわだしで、全方位バッチリ完備のエロさ。だいぶ長いこと使えそうだ。


3.攻略

他のクエスト埋めとかは攻略サイトが充実しているので、プレイ感的なものを。

精液をきちんと集めていれば戦闘は難しくない。衣装のレベルアップによるステータスの上昇幅が著しいし、敵もそんなに強くない。面倒だったらMP回復手段を多数持って、メリッサの敏捷を一番高くしておいて、スキルの「アルティメットボム」を使い続ければいい。裏ボスも最大火力で攻めつつ回復していればまず負けない。

肝心の精液集めは、街で男性を見つけたら片っ端から「おねだり」または「売春」を3人で回し続ければいい。また、敵に性技をかけてMPを0にするとスタンして精液を得られるので狙ってもいい。後半になるほど一体から得られる量が多くなっていく。効率的には敵から集めたほうがおねだり・売春よりもいいのだけど、称号におねだり・売春回数で得られるものがあるため、それを取得するまではおねだり・売春中心の方がいい。シーン回収にもなるし。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

ふたなりと淫魔島

2017年ゲームレビュー 5

269分=4.5時間。全ボス撃破まで。
可愛くあえぐ女の子が淫魔にもみくちゃにされるRPG。キャラごとに異なるアニメーションが付いててすごく豪華なのにえらく安い!

ふたなりと淫魔島

1.総評

巨乳というわけではないのに妙に肉感的な女の子たちがくんずほぐれつするオーソドックスなエロRPG。RPG部分は基本的にレベルを上げてアイテムを集めて殴れば勝てる…というわけではなく、明示されないテクニックがあって戦闘は結構難しい。また、このサークルのRPGらしく、最初は経験値が渋いのでレベルを上げて物理で何とかするという作戦も通用しない。また、ボスと戦うにも隠しアイテムが必要なので、思った以上にボリュームがある。あれ?これ意外とゲームとして楽しかったんじゃない?
また、装備を変えればマップ上のグラフィックと立ち絵が変化するし、主人公も各ザコ敵もダメージを受けると服が脱げていく。服が脱げてしまえばザコ敵はこっちに攻撃してこない。なおボスは最初から全裸。

いやー、ふたなりの子をいじめ倒すゲームってそうそう無いんですよ。だいたいふたなりの子がいたら竿役になってしまうので。それもこんな丁寧にアニメーションするようなゲームは他にやったことがない。あったら教えて。これだけで自分としては殿堂入りですわ。しかも巨根ではないというのが最高。ふたなり描きはどんどん巨根先鋭化する傾向があるから、ちんまいのは希少で非常に良い。


2.エロ部分

ふたなり総受けのBFアニメ、女の子かわいい、バリエーションが多いというのが全体的な美点。全部で13体のボスがいて、それぞれが異なるアニメーションとテキストで主人公の女の子を攻め立ててくれる。確かにアニメーション全体としてはキャラを差し替えてのコンパチの部分もあるのだけど、キャラごとに舐め方や手の動かし方が細かく異なるのが素晴らしい。ボスによって戦闘立ち絵が微妙に異なるのも手間がかかっていて良いと思う。

さらに、主人公の名前は自分で決められるのだけど、本名の他にテキスト上で使われる名前も設定でき、なんと初期設定が「あなた」になっている。これが秀逸で、例えば「チロルは両手で『あなた』の___をいじりながら___を舐め回している」なんてテキストがアニメーションと同時に流れたら、もう没入感がすごいわけですよ。エロゲーは竿役より女の子に感情移入するものであって、それがふたなりものだとさらに高まり、その上こんな演出されたら、もうたまらんよね。


3.攻略

ラスボスを倒すだけなら、見えている宝箱を回収して、「スライディング」「往復ビンタ」「足技を警戒」「十字架」を装備してひたすら殴れば勝てる。基本的にお金は使いみちが少ないので全部HP回復アイテムにつぎ込めばいい。

問題は隠しボスとの戦闘と、ラスボス以外の強ボスの攻略。それぞれ軽く解説する。

(1) サララン
塔の上にいるピンク髪の貧乳娘。戦闘するのに「バスタオル」が必要。バスタオルは最初の風呂マップで出てくる「リトルドール」というザコ敵が強制的に着替えさせてくる。

(2) シャボン
2つ目の風呂マップの隠しボス。戦闘するのに「水着」が必要。水着は橋を渡った先の北のダンジョンにいる「ナナ」というボスの部屋の暖炉の奥にある。この暖炉だけ炎が動いていないんですね。

(3) リップ
魔王城手前の砦の後半のボス。戦闘するのに「エプロン」が必要。エプロンは2つ目の風呂マップの2つ目のマップの鏡の中にある。

(4) 強敵攻略
チロル・リップ・バブル&シャボンの3体は妙に強く、一度押し倒されてしまうと延々抜け出せずに負けてしまうことが多い。さらに装備で無効化できるような攻撃もなく隙がないので非常に難しく感じる。

基本的な攻略としては、「スライディング」「往復ビンタ」による怯みを狙う。一度怯むと、こちらが先攻でも次のターンも怯むので、安全に攻撃や回復ができる。他の装備は素早さ・攻撃力の上昇を重視し、短期決戦のためにスキルの「気合」は切らさないようにする。
相手の押し倒しに関しては、一部テキストで言及されるが、MPとなっている「精神力」が満タンに近いほど抜け出せる確率が高くなり、逆に少ないほど相手の攻撃が連続するように見える。つまり、MPを使うようなスキルは基本的に使用せず、ひたすら殴るのが正解らしい。

具体的なターンの進め方は、初手は通常攻撃をして、怯んだら気合いを入れ、また怯んだら精神統一でMPを回復し、あとは殴り続けて怯みに賭けるのがシンプルに強い。というか他に方法がない。押し倒されたら最初だけ剥がして、もし失敗したらF12でやり直す。剥がしたら殴って怯ませて、その間に精神統一でMPを回復し、また殴る。もし相手が怯まずに押し倒してきたらリセットすればいい。

トラップドロップ

2017年ゲームレビュー 1

2.5時間。EASYで全ステージクリア+全シーン閲覧まで。
アニメーションがウリの逃げゲー。プレイしていて楽しかった。

トラップドロップ

1.総評

罠師を目指すテルミンが、罠にかかって地下洞窟に落とされて、同じ境遇の女の子と罠を駆使しながらそこから脱出する物語。話自体は単純なんだけど、テルミンの何とかなるさ精神とサブヒロインプリルとの掛け合いが光る。敵キャラクターのタコモンスターとかにもキャラクター付けがされていて、世界観の演出に貢献しているなあと。特に敵キャラクターに顔があるのが秀逸。ゴキブリは変態紳士。

ゲームの難易度自体は難しい部類。マップを切り替えた瞬間、リアルタイムに複数の敵が猛然と襲い掛かってくるものだから、多くの場面でとっさの判断を要求される。しかもこちらが置くことが出来る罠には限りがあるため、必然的にマップと敵配置を覚えてパターン化するゲームになる。初見では突破できない。セーブ場所が固定されていて詰まないのが優しさだろうか。何か自分でスタートタイミングを決められる方法があれば良かったかも。

敵に接触するとエロアニメが流れる。これがなかなか凝っていて、どのようにテルミンが服を破られ突っ込まれるのかという過程を丁寧に描いている。一見の価値あり。ただ、上記の通り難しい上に、接触する度に毎回流れるので、ゲームとしてのテンポは悪くなっている。これをスキップする方法があれば遊びやすいゲームだったと思う。


2.キャラとエロシーン

テルミンのエロシーンが敵5種×数種類。プリルのシーンが3種類。それぞれまず見逃すことはない。アニメはどれもダイナミックかつ高品質で、このデフォルメの効いた絵柄でないとここまでの動きは難しいだろうと思う。エロさは絵の問題ではない。飽くまで見せ方である。またスライムが腕で天井にぶら下がっていたりして、情景の矛盾を極力解決しようという意思が見える。エロシーンとしてはほんと今まで見たことがないほどにハイレベルだった。これで処女作とかすごい。


3.攻略

正直、初見は難しいのでイージーをおすすめする。イージーの中身は回復アイテム99個なので、別に選んだとしても使わなければ問題ない。このあたり、罠の素材99個とかでない難易度調整が素晴らしい。なるほど、ストーリー上でプリルが罠の素材を持ってきてくれることとの整合性を取っているのか。

全ての敵を地雷で倒すことはできないので、追ってくる敵の道を塞ぐ方法を考えないといけない。例えば単純に通路に壁罠を張るとか、行き止まりに向けて直進する人形を仕掛けておくとか。となると辛いのは大広間的な場所に出たときで、もうダメージを受けて無敵時間でゴリ押しするしか思いつかなかった。各罠のチュートリアル的なステージが充実していれば、まだ違ったのかもしれない。

女の子が妖女に状態異常責めにされる逃げゲー

2016年ゲームレビュー 29

60分。全ステージクリア+全シーン閲覧まで。
絵もボイスも無い小作品。しかし文章がすごく良くて妄想が捗る。

女の子が妖女に状態異常責めにされる逃げゲー

1.総評

タイトル通りとは恐れ入った、というような感じで、本当に女の子が妖女から逃げるだけのゲーム。女の子はギルドから依頼を受けて物品収集するのだけど、その途中に暇を持て余した妖女が追いかけてくる。尺が短いので女の子の背景とかは詳しく分からないのだけど、女の子の言葉が男っぽいのがね。その後のレズプレイに彩りを与えるよね。


2.キャラとエロシーン

エロシーンはテキストと効果音、画面のフラッシュしか無い。しかし十分にエロい。下手に透過一枚絵とかが無いおかげで、妖女はもちろん女の子の姿まで自分で想像した上でプレイを想像するという、今時の同人エロゲとしては逆に新鮮な体験ができる。文章も的確で妄想を掻き立ててくれる。同時に流れるチュパ音とかのSEがまた絶品で…。
妖女に捕まったら振りほどかないといけないのだけど、そのために「力をためる」という要素が良かった。だいたいの妖女が一度以上力を溜める必要があって、その間に何か致命的な責めをされないかドキドキする。しかも妖女に状態異常を付加されると力がリセットされてしまうことも。なかなかうまいシステム。

個別キャラではアルラウネさんが良かった。ステージギミックを踏まえた上での責めは素晴らしい。逃げ場のない袋小路に餌を置いておく狡猾さもなかなか。魔女も罠だけ張って自分は追いかけてすら来ないというキャラ付けがぐっと来た。魔女の発情罠シーンは抜群にいいぞ。


3.攻略

妖女は女の子より足が遅いので、ただ逃げるだけなら難しいことはない。さらに妖女はステージの壁を回り込むだけの頭が無いのですぐ引っかかるから通常プレイで詰まることは殆どないと思う。要はそこまで理不尽な難易度ではない。一応クリア後のチャレンジステージは敵ユニットが増えているのでそれなりに難しいけど…というか、サキュバスとかは一度捕まると脱出するほうが難しいので本当に捕まらないことが最優先。
追加ステージは高難易度というか死んで覚える感じ。と言っても即死罠があるわけでもないので、何度か挑戦すればいつかは突破できる。邪道っぽいけどステージ内セーブも可能。ゲームオーバーが確定した状態でセーブすると多分詰むけど。

難を挙げるとすれば、妖女の責めにはテキスト差分が用意されてないので、一度見たテキストは設定でスキップできるとかだとより良かったかも。あと画面のフラッシュが多くて少し眩しい。処女作だし既に続編が出ているそうなのであまり言ってもしょうがないのだけど。てか画面のフラッシュについては昔のフルプライスのゲームもそんなんだったねえ。

Teaching Feeling 〜奴隷との生活〜

2016年ゲームレビュー 27

回想・衣装コンプまで。285分=5時間弱。なおクリア直後(2016年10月27日)にVer.1.7のアップデートが来たので20分追加でやってます。衣装追加等。
言わずと知れた2015年のDLsite売上ナンバーワン。ちなみに2位はもんぱら。というか、約2ヶ月でDLsiteの累計販売ランキングを更新して現在では1万差をつけてのぶっちぎりトップ。虐待されてきた奴隷のシルヴィちゃんと心を通わせたり着せ替えしたりする、昔の妄想がそのまま形になったゲーム。これを積みゲー崩しの最後にするのは前々から決めていたのだ。

Teaching Feeling 〜奴隷との生活〜

1.総評

某資産家の奴隷だったシルヴィを引き取って愛を育むゲーム。プラトニックにするも良し、情欲を貪るも良し。エンディングすらない雰囲気ゲーで、ひたすらシルヴィとコミュニケーションする。
自分の元に来たシルヴィは最初はこっちと目も合わせてくれないくらいにやさぐれていて、どうも前の主人はシルヴィを痛めつけて楽しむためだけに飼っていたらしい。薬品を使って皮膚を火傷させたせいで、顔・手を含めてシルヴィの肌の至る所に大きな傷跡ができてしまっている。これはゲーム中で治ることはない。

連れてこられた最初の段階ではご主人様を人間とすら捉えていないし、こっちは鬼畜ルートにも進めるのだけど、普通に優しくしていればおそらく2段階目くらいで鬼畜ルートの選択肢が消えて、もう一段階進むとシルヴィの服を買いにいけるようになる。この段階では、まだシルヴィの目は死んでいる。それでもシルヴィとの親密度を上げていくと、ナシのつぶてだったのがだんだん会話が成立するようになってきて、最終的にはご主人様のことしか考えなくなる。このシルヴィの心を融かす段階が、精査はしていないけどだいたい6段階ある。その中では優しくされることに慣れなくて、「ご主人様に引き取っていただけて、感謝…しています。でも、ここの生活は少し、怖いです…。」っていう段階とかあって、この細かさが素晴らしい。撫でるコマンドに3段階あるのも良かったなあ。

コミュニケートコマンドというものもあって、人工無能のように一定の言葉に対してシルヴィが返答してくれる。何の言葉に対して反応するかは同梱のテキストに書いてある。これがまたすごくてなあ…。片っ端から試すだけで幸せな気持ちになる。

発売は2015年10月27日だったんですね。ということはver.1.7がちょうど一年後のアップデートか。


2.キャラとエロシーン

シルヴィお酒飲めるんですね。しかも4杯飲んでもわりとしっかりしている。似たような名前のどこぞの酒乱とは大違いである。

エロシーンは、インタラクティブな通常エロシーンが一つ、その他条件で発生するのが10シーンくらい。通常エロシーンは、シナリオを進めると手に入る媚薬と精力剤を同時に使えば、いくらでも続けられるエンドレスシーンになる。10回戦を超えるとCGがえらいことに。
多分作者の趣味だと思うのだけど、シルヴィはパラメータに関わらず目がハートになる系女子で最初はけっこうビビる。特殊シーンでも漏れなく目がハート。正直シルヴィちゃんはご主人様にぞっこんというか依存している感すら出てしまっているので、プレイしていて少し怖かった。初っ端からエンジン全開だとね…。


3.衣装

攻略としては途中の病気イベントさえ越えてしまえば、あとは親密度と淫乱度を上げて衣装を集めてコミュニケーションをするだけのゲームになってしまうので、あまりポイントとか語ることはない。イベントクリアのパラメータ条件も同梱のテキストファイルに書かれている。敢えて言うなら効率のいい進め方とかだろうか。でもそういうゲームじゃないしなあ。

というわけで好きな衣装紹介! このゲームは半分くらい着せ替えを楽しむゲームなので。Ver.1.7準拠です。ナース服とか和服とか水平服とかのコンセプト衣装はセットであることが重要で、逆にバリエーションは出ないから省略で。でも黒いナース服で条件エロシーンとか最高だよ。


(1) 外に行きたい

1

服:カジュアルな服(緑)
髪型:ローポニー(細)青
前髪:花のヘアピン(橙)
頭:キャスケット(茶)
靴下:しましま

Ver.1.7で追加された「カジュアルな服」メイン。キャスケット帽いいよね。


(2) 傷跡絶対隠すマン

2

服:リボン付きの服(紫)
髪型:なし
前髪:なし
頭:シルクハット(紫)
靴下:長い黒
腕:ベルト手袋(青)

これもVer.1.7で追加されたリボン付きの服をメインに、腕のベルト手袋を使ってシルヴィの傷跡を極力隠したいコーディネート。髪は全部おろして死角を減らす。それでも指と顔だけはしょうがないね・・・。


(3) ガチお嬢様

4

服:清楚な服(紺)
髪型:ポニーテール太(白)
前髪:ヘアピン(黒)
頭:なし
靴下:長い白

全体的に白系でまとめて清潔感を出す。待機画面で指を組んで座ってるのもお嬢様ポイント高い。この組み合わせの破壊力何回見ても高いわ。


(4) 小悪魔

3

服:薄いワンピース(黄)
髪型:ツインテール太(橙)
前髪:ヘアピン(白)
頭:なし
靴下:白
眼鏡:半縁メガネ(桃)
下着:小さなブラ・パンツ(桃)

いわゆるエロ衣装。薄いワンピースの持つ可能性よ…。小悪魔って言うなら角カチューシャとか使ったらいいんだけど、なかなかうまい組み合わせがなくてな。
カウンター
カテゴリ
プロフィール

toshi

Author:toshi
アダルトゲームについて綴っていきます。
普通のゲームレビューもしているので、番号が飛んでいることがあります。

最新記事
月別アーカイブ
独占島応援中!
『独占島』応援中
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。